海外ドラマ

【THE FLASHシーズン4】第12話のネタバレと感想!物質を縮小化するメタ登場

フラッシュシーズン412話感想ネタバレ

ザ・フラッシュシーズン4第12話で登場するメタは、国民的アニメドラえもんのスモールライトとビッグライドをあわせたような能力を持っているメタが登場。

更に、ジョーと良い関係を築き上げているセシルの身にも異変が起こり始めます。

バリーが収監されている今、街を救うためにシスコとラルフが共同でメタと戦います。

バリーは、刑務所内の生活に少しずつ慣れてきましたが、ビッグサーの事が気がかり。

刑務所とシャバの対局を交えながら話が展開されていく12話。

これまた観物ですので、ぜひチェックしてみてください!

▼huluなら無料で全話視聴可能▼

▲いますぐクリック!▲

縮小能力を持つメタ

12話に登場するメタは物質を縮小化させる能力を持っています。

本名をシルバートランディン。

拳からレーザーのような波動が飛び出し、浴びた対象は一気にサイズが小さくなります。

車やヘリコプターはもちろん、超高層ビルや人間だって小さくできてしまうのです。

この能力の厄介なところは縮小させるだけではなくて、物質を元の大きさに戻すことができるのです。

ドラゴンボールでいうとブルマが発明した、ポイポイカプセルみたいな感じです。

攻撃方法が奇抜

大きな物質を小さくして持ち運ぶ事ができて、いつでも元の大きさに戻すことができます。

このメタの攻撃方法は小さい車を投げつつ元の大きさに戻す。

つまり、元々は大きいものを縮小化させて持ち運んでおり、相手に投げた時にもとの大きさに戻すので、相手の元へは巨大な物質が飛んでいくことになります。

ある意味、ハイパワー系の能力者が岩石を投げるのと似ています。

ただし、このメタは自分の肉体が強化されているわけではないので防御力や直接の攻撃力があがっているわけではありません。

12話の見どころをご紹介!

セシルに異変が起こる

ある朝、ジョーと会話をしていると話が全く噛み合わなくなるセシル。

「なんでそんな事言うの?!」とヒートアップしていくセシルに対して、ジョーは「俺は何も言っていないぞ」と答える。

セシルはジョーの口元を見つめると口は全く動いていません。

しかし、ジョーの声が聞こえるとのこと。

急いでラボへ向かうと、セシルは人の心の声が読める能力を授かっていたのです。

精密検査をしたところダークマターの反応が無いので原因は全くの不明。

妊娠したことによるなにかしらの影響だと推察するラボメンバー。

ケイトリンいわく、「そのうち治るかもしれないわ」とのこと。

一体、セシルの身には何が起こっているのか。

バリーがチームへお願い

ビッグサーと仲良くなったバリー。

詳しく彼の話を聞いてみると、ビッグサーは本当に罪を犯していない様子。

昔、ビッグサーが家への帰り道のこと。

発砲音が聞こえたため、その方向へ向かっていると丸腰で血を流している警備員がいた。

「おい、大丈夫か?!」と近づいたところ、タイミング悪く警察官が到着。

事件現場付近ではビッグサーと似た体型の男が目撃されてたため、すぐさまビッグサーが逮捕されてしまった。

ムビィ
ムビィ
つまり、ビッグサーは無実の罪で逮捕されてしまったのです。

ビッグサーは、上訴もしようとせずそのまま罪を受け入れてずっと刑務所生活を送っていたのです。

その話を聞いたバリーはすぐさまラボメンバーへお願いをして、その事件の調査をして真犯人を発見してもらうようにお願いしました。

「バリーが収監されて初めてのお願いだ」とチームメンバーは一生懸命に事件の調査を始めたのです。

小さくなった2人

ビッグサーの事件を調査しつつ、街でメタが起こしたと思われる事件を追跡していたところ、1人の男へたどり着きます。

男の名はシルバートランディン。

そうなんです。縮小化能力を持っているメタです。

彼もまた、バスの乗客の1人だったため能力を授かり、悪事を働いていました。

とはいえ、能力を持つ前から犯罪歴がある根っからの悪人です。

シルバートを追っているラルフとシスコ。

2人はシルバートの攻撃を食らってしまい、体がミニマムサイズになってしまいます。

ムビィ
ムビィ
ハリーの言葉を借りると、2人は小さくなってもうるさいです(笑)

人を信じられないビッグサー

12話のテーマである、信じること。

ビッグサーは人を信じることをやめていた。

そのことを指摘したバリー。

ビッグサー
ビッグサー
なぜ、お前はそこまで簡単に人を信じられる?

バリーは父親の話をします。

バリー
バリー
父は無実の罪でここにいた。17年後に犯人が自白をして助かった。

ムビィ
ムビィ
ちなみに、これはシーズン1のソーンのことを言っています。

残り10時間

ハリーが小さくなったシスコとラルフを元通りにしようと開発した機器。

特殊なレーザー光を当てることで元通りの大きさに戻れると考えていたハリーですが、現実は違った結果となります。

なんと、2人の遺伝子が原子レベルで少しずつ壊れ始めたのです。

ケイトリンが計算をしたところ、2人に残された時間は10時間。

それまでに、もう一度シルバートのレーザーを浴びないと2人は爆発してしまうのです。

かなり絶望的な状況。

ムビィ
ムビィ
そもそも、シスコ達にレーザーを当ててくれるはずが無いので、なんとかして対策しないと最悪の結果となります。

12話の感想

12話では希望とハリーの葛藤が私は印象に残っています。

12話の中でバリーがビッグサーに対して、信じることの大切さを教えています。

「必ず出られるさ」と約束をしたバリー。

結局、シルバートランディンを捕まえたチームフラッシュですが、ランディンは自白をする様子が全くなく、ビッグサーの無実が証明される事はありませんでした。

約束をして、希望を持たせたにもかからわずビッグサーを刑務所から出すことができないことが気がかりなバリー。

ハリーウェルズの葛藤

12話でもまたもやハリーウェルズが葛藤しているところが観られます。

ハリーはバリーからお願いをされたシルバートランディンの捕獲をして役に立とうとしたがうまく行かなかった。

更にはラルフとシスコを元通りにしようとした発明品も失敗に終わり、2人を元通りにするどころか危険にさらしてしまったことを見た目以上に深く気にしていた。

そんな理想と現実のギャップに葛藤しているハリーウェルズの様子が人間味があってよかったです。

ムビィ
ムビィ
メタの能力がないため、頭を使って役に立つのが役目ですが、それがうまく行か無いことに苛立っているのがすごくわかります。

フラッシュだとバレてしまう?!

バリーは約束を守る男。

ビッグサーを刑務所から必ず出すと約束をしていましたが、シルバートランディンを捕まえても、結果、出すことができませんでした。

善人が無実の罪で捕まっていることに耐えきれなくなったハリーは驚きの行動に出ます。

監視カメラのスキを狙って能力を使ってビッグサーを刑務所から連れ出します。

バリーが向かった先は、アメリカよりも遥かに通り中国。

ビッグサーは気がついたら、中国にいることに驚いています。

右手にはなにやら手紙が握りしめられており、中を観てみると「誰にでも映画のような結末はある」と言葉だけが残っていました。

これはバリーのおかげだと分かったビッグサーは新天地での生活への希望とバリーへの感謝を込めて笑います。

しかし、一つだけ予想外のことがあったのです。

実は、監視カメラの他にもう一つバリーが気がついていない隠しカメラが設置されており、バリーが能力を使った一瞬が記録されており、バリーはメタの収容棟へ移動させられるのです。

しかも、そこはただメタを収容するだけではなくて、ケイトリンと因縁が深い悪女、アミュネットともつながりがる施設でした。

バリーは一体どうなってしまうのでしょうか。

▼huluなら無料で全話視聴可能▼

▲いますぐクリック!▲

過去の話が気になる人は関連記事からご覧ください。