アニメ

【ダーウィンズゲーム】アニメ版の感想│全話視聴して感じた事

  • ダーウィンズゲームは面白いの?
  • アニメ版はつまらなさそう・・・
  • 友達から教えてもらったけど観る価値ある?

U-NEXTでダーウィンズゲームのアニメ版の(1話~12話)を全話視聴したので感想を書いています。

私、個人としてはダーウィンズゲームはハラハラ感があり、人の命が簡単に失われていく喪失感が癖になりました。

バトル漫画としても楽しめるので、視聴してみても良いかなと思います。

1話から12話までそれぞれどうだったかをまとめて書いているので、ダーウィンズゲームがどのような作品なのか、全体像が見えてくると思います。

若干、ネタバレも含んでいるのでご注意ください。

ダーウィンズゲームの感想

1話:初陣(前編)の感想

緊迫した状況から始まる冒頭。

私は漫画を読んでいないので知りませんでしたが、冒頭ではアニメ版オリジナルのハマダが登場しています。

漫画版では、キョウダがバンダ君にナイフで首を切られて死亡しますが、アニメ版ではその役をハマダが担っています。

 

ハマダの表情からかなりの緊迫感が出ています。

ダーウィンズゲーム1話引用:ダーウィンズゲーム1話【初陣】

1話では、ハマダによって、ダーウィンズゲームに巻き込まれてく須藤カナメの姿が描かれています。

カナメは現実を受け入れられないながらも、バンダ君とデスゲームを行うのでした。

絶対絶命になるカナメ。

ダーウィンズゲーム1話ピンチ引用:ダーウィンズゲーム1話

キャラの表情がとても良かったなと感じます。

1話ではバンダ君とカナメのデスゲームが行われる!

2話:初陣(後編)の感想

ダーウィンズゲーム2話シュカ引用:ダーウィンズゲーム2話

ダーウィンズゲームは展開が早くて、2話ではトッププレイヤーのシュカとのバトルが行われます。

シュカは可愛い見た目とは裏腹に冷酷な性格をしていて、人を殺すことに躊躇がありません。

カナメとシュカは話し合いをするはずだったのに、”あること”が原因となって、バトルが始まります。

シュカはシギル(特殊能力)が上手に使えますが、カナメはまだ使えない状態。

ましてや武器も持っていないため、どうやって抵抗するのか。

1話とは異なって、迫力あるバトルで終始楽しかったです。

 

また、2話ではエイスと呼ばれるクランのボスである王(ワン)という極悪人も登場します。

ダーウィンズゲーム2話ワン引用:ダーウィンズゲーム2話

2話ではヤクザを殺していて、また切り落とした指を酒に漬けるという気持ち悪い趣味を持っている男です。

実は、1期のダーウィンズゲームではこのワンが超重要な役割を担っています。

  • Aランカーのシュカの実力が観れる!
  • ついに、カナメにシギルが発覚する!?
  • 超極悪人のワンが登場

3話:渋谷(ジェムストーンマイン)の感想

ダーウィンズゲーム3話シュカ引用:ダーウィンズゲーム3話

シュカとのバトルに勝利したカナメはその後に気絶してしまいました。

シュカが自分の家にカナメを運び手当をしたのですが、カナメにとってはとんだラッキーチャンスが待っていました。

ダーウィンズゲーム3話シュカ2引用:ダーウィンズゲーム3話

シュカとカナメのもとに次回イベントの告知が届きます。

イベント場所は渋谷。

シュカは下調べといい、カナメとデートを満喫するのでした。

2話でシュカは恐ろしい女という印象でしたが、3話では普通の女の子の一面をきちんと持っているんだなと印象ががらりと変わりました。

ムビィ
ムビィ
3話では少しスケベなシーンがわりと多く含まれていました
ダーウィンズゲーム3話解析引用:ダーウィンズゲーム3話 

3話では、個人的に一番好きな、通称「解析屋」と呼ばれているレインが登場。

この時点ではシギルが不明ですが、パソコンを流暢に扱っているのだけがわかります。

ダーウィンズゲーム3話 イヌカイ引用:ダーウィンズゲーム3話

バンダ君とシュカに勝利した新人として、カナメは時の人となっています。

そこに目をつけたのが、イヌカイでした。

イヌカイは、人を殺したいというよりは、強い相手と戦いたいという気持ちでカナメに勝負を仕掛けますが、カナメの機転によって、敗北します。

ムビィ
ムビィ
カナメのたたっかいプリが主人公とは思えない感じでした。

3話の最後ではイベントが開催して、ワンのシギルがまたもや見れるのですが、能力が詳細まではわからず謎が深まるばかりです。

4話引き金(イグニッション)の感想

ダーウィンズゲーム4話引き金引用ダーウィンズゲーム4話引き金

ついに宝探しイベントが始まります。

が、冒頭からピンチのカナメ。

どでかいマシンガンを持っているドクロフェイスの見るからにヤバそうなやつに後ろから銃を突きつけられて、今にも死にそう。

そこで、主人公補正の”運”が発動・・・。

 

カナメは渋谷からホテルへ転送されたのですが、ホテルは”花屋”と呼ばれるシギル使いによって完全に封鎖されており、出ることができないのです。

引用;ダーウィンズゲーム4話引用;ダーウィンズゲーム4話

そのホテルにはレインも一緒にいて、イベントが終わるまで共闘することになりました。

ムビィ
ムビィ
あいかわらずレインちゃんは可愛すぎ

花屋はシギルで、自分の技にハマっている相手を洗脳できるため、冒頭でカナメを殺そうとしたドクロやろうが再びカナメたちに襲いかかります。

ダーウィンズゲーム4話引用:ダーウィンズゲーム4話

5話:火花(ファイアワークス)

ダーウィンズゲーム5話ではついに、レインのシギルが判明します。

レインはシギルによって、銃弾を避けたりできるなど、ある種最強の部類に入る能力だと感じます。

ダーウィンズゲーム5話引用:ダーウィンズゲーム5話
ムビィ
ムビィ
相変わらず、レインちゃんはかわええ

5話では、ホテルを封鎖している花屋vsカナメ&レインの構図が描かれています。

花屋はシギルも強力ですが、頭もキレる人物でとても厄介な相手となっています。

ダーウィンズゲーム5話引用:ダーウィンズゲーム5話

花屋から追われたが、部屋に隠れて手榴弾を買う二人。

ボタンを押した瞬間、目の前に商品が届くというamazon顔負けの発送力。

レインのシギル”ラプラス”によって、銃弾を避けたりと常人離れした戦いが圧巻です。

ダーウィンズゲーム5話 花屋引用:ダーウィンズゲーム5話

ついに、バリケードを突破して、花屋の元へたどり着いたカナメ。

花屋はもはや怪物のような見た目。

花屋は見た目通り、手強い相手ですし、シギルによって肉弾戦も格段に強くなっています。

カナメはシギルで銃を複製するもの、植物の鎧によって防がれてしまいます。

またもや、カナメは死にそうになります。

主人公あるあるですが、死の淵に立たされた時に能力が開花します。

ダーウィンズゲーム5話3引用:ダーウィンズゲーム5話

カナメはシギルによって、銃の威力を上げられるようになって、花屋の鎧を破壊することに成功しました。

花屋を殺すことができましたが、相変わらず”殺さずの精神”を貫き通すカナメ。

花屋すらも仲間に引き入れることに成功しました。

ムビィ
ムビィ
花屋には、人を殺してでもお金を手に入れる必要があり、人物背景もしっかりとしているため、なぜか感情移入してしまいます。

6話:水葬(アクアリウム)

イベントにて、カナメと離れ離れになったシュカは少しずつ、カナメのもとへ近づきます。

地上では狙撃があるため、警戒したシュカは待ち伏せがいるかもしれない地下通路を通ることにしたのですが、案の定、待ち伏せがいました。

敵のシギルは水と氷。

水を操り、凍らせることができる厄介なもの。

狭い通路だと、圧倒的に不利になるシュカはシリーズ始まって初めて死にそうになり”カナメにヘルプコール”を出します。

ダーウィンズゲーム6話ヘルプコール引用:ダーウィンズゲーム6話ヘルプコール

シュカは相性が最悪の相手と対峙したことで、絶対絶命のピンチに陥り、唯一信用できるカナメにヘルプコールを出します。

このピンチがきっかけで、カナメとシュカは”一層仲良く”なるのでした。

 

6話では、ドクロやろうこと、リュウジも仲間になりシギルが判明。

リュウジのシギルは相手の言っている言葉が嘘か本当かを見分けられる能力

ムビィ
ムビィ
交渉や駆け引きでは非常に有利になりますよね。バトル・ロワイアルでは活用が難しそうですが・・・。

7話:金剛(ハードネス)の感想

ダーウィンズゲーム7話 スイ引用:ダーウィンズゲーム7話

リュウジは水と氷を操れるシギル使いに殺されそうになりましたが、この人物はまさかの二重人格。

それによって、難を逃れるリュウジ。

ムビィ
ムビィ
二重人格キャラとか、よくある定番ですが、やっぱりこういう属性のキャラもいいですよね。

そして、7話で重要な事はシュカがダーウィンズゲームに参加する理由が明かされること。

今まで秘密にしてきたことですが、ついにシュカがカナメに秘密を打ち明けるのでした。

ダーウィンズゲーム7話 復讐引用:ダーウィンズゲーム7話

ダーウィンズゲームに参加する理由は一言でいうと”復讐”です。

両親を殺した人物に復讐するために、シュカはダーウィンズゲームに参加しているのでした。

ムビィ
ムビィ
この秘密を明かすということは、シュカはカナメに対して完全に心を開いた証拠ですよね。

ワンやレインは今回の宝探しイベントの勝利条件について、勘付きます。

そして、本当の宝が隠れている渋谷駅に生き残っている強敵たちが集結。

引用:ダーウィンズゲーム7話

花屋がエイスの幹部とバトルに入るシーンは鳥肌モノ。

ムビィ
ムビィ
子安武人が声優を努めていることもあって、言葉に重みが出ていて最高にかっこいいです。

8話:圧砕(エイス)

引用:ダーウィンズゲーム8話

8話では炎使いの幹部と戦う花屋でしたが、タイミング悪くもうひとりの幹部が現れたことによってスキができてしまい、体を貫かれて致命傷を負ってしまいます。

個人的には、ここでもうひとりの幹部が来なかったらどうなっていたのかが気になります。

植物VS炎。

ムビィ
ムビィ
恐らく、戦略化の花屋が勝利すると思いますが、あなたはどう思いますか?
ダーウィンズゲーム8話 ワン引用:ダーウィンズゲーム8話

ワンがレインとひっ捕らえて、尋問というべきか拷問というべきか。

中学生の少女相手でも関係なしに、腕をへし折るなど外道さが伺えるワンシーンがあります。

ムビィ
ムビィ
レインちゃんの腕をへし折った時は、「こいつ!!!」と思っちゃいました。

そんな元へカナメたちがやってきて、ワンと交渉するも決裂。

エイスとカナメたちがバトルになってしまう!

その結果、戦うことになりますが、もうシュカが殺し放題。

ダーウィンズゲーム8話シュカ引用:ダーウィンズゲーム8話

一体何人を殺すのかってくらい簡単に殺しちゃいます。

ムビィ
ムビィ
ふと思ったのが、エイスの連中は全員がシギル使いではないということです。銃をつかうだけの一般人がシュカに勝てるはずないですよね。

カナメがワンを相手に、投降しますがここではカナメが得意な頭脳戦の始まりです。

9話:平穏(フライジャル)

ダーウィンズゲーム9話 ワンの画像引用:ダーウィンズゲーム9話

ワンに捕まったリュウジは片腕を切り落とされた上で、解体ショーをされてしまう一歩手前。

そこへカナメがやってきて、言葉でワンとやり取りをします。

カナメは自分はもう宝物を見つけたと伝え、ワンはそれをまんまと信じ込む。

しかし、これはカナメの策略。

頭がキレるワンでしたが、カナメのほうが1つ上。

結局、宝物はカナメの手に渡ります。

ダーウィンズゲーム9話 カナメ引用;ダーウィンズゲーム9話

宝物の中に入っていたスマホでダーウィンズゲームの運営者と連絡をとり”勝利者特権”の交渉を始めることに。

ここで、カナメはある特権をもらうことにしますが、その特権は最終話まで明かされません。

ダーウィンズゲーム9話のシュカ引用:ダーウィンズゲーム9話

9話では、またもやボーナスシーンのチョイエロ場面があります。

シュカとスイが一緒にお風呂に入っているシーンです。

シュカは16歳とは思えない肉体美。

ムビィ
ムビィ
ここで、スイが入れ替わったらとんでもない事件になりそうですが・・・。

物語の最後では、エイスの幹部にカナメの親友がさらわれてしまうことに。

この時の幹部は花屋にビルの下敷きにされそうになって片目を損傷する大怪我を負っていました。

花屋の最後っ屁が効いているようです。

10話:決闘(ヘッズアップ)

ダーウィンズゲーム10話引用:ダーウィンズゲーム10話

カナメはクランを設立にともない、同盟者を集めるためにダンジョウ健闘クラブへ申し込む。

しかし、「ダンジョウはただでは同盟者とはなれない」とのこと。

同盟者としてふさわしいかを判断するために、”殺しなし”の興行試合で決めるとのこと。

カナメはシギルを使って戦いますが、ダンジョウは生身で戦いますがとんでもなく強い男です。

リューシュエラン引用:ダーウィンズゲーム10話

そして、ついに日本ランキング1位のリューシュエランが登場。

人睨みで戦意を奪うチート女です。

シギルは不明ですが、シギルを使わずともとんでもない戦闘力を誇ります。

ダンジョウすらも手も足もでない、意味がわからないくらい強い女性。

シュエランによって、カナメはさらわれてしまいます。

ムビィ
ムビィ
当然ながら、シュカは激おこぷんぷん丸。大好きな人が別の女性に持っていかれたら、そりゃあカンカンですよね。
ダーウィンズゲーム10話 シュカからの電話引用:ダーウィンズゲーム10話

これぞ、まさに鬼電!

シュカがどれだけカナメのことを心配しているのかがわかりますよね。

こんなに愛されたら嬉しいかもしれませんが、狂気の沙汰・・・。

  • カナメ達vsシュエランの戦いが勃発!
  • シュエランが強すぎてかっこ良すぎ!

11話:旧王(オールドワン)

ダーウィンズゲーム11話 カナメ引用:ダーウィンズゲーム11話

10話の最後で、親友のシノヅカが誘拐されて指先がすべて切り落とした映像が送りつけられてくる。

その映像をみてこれまでにないくらい取り乱すカナメ。

それを心配そうに見つめるシュカ。

 

ワンとエイスのメンバーは海辺の倉庫にいましたが、警察がその場へ駆けつけて周囲を包囲。

ダーウィンズゲーム11話引用:ダーウィンズゲーム11話

投降を要求するが、聞く耳を持たずしてエイスの幹部であるケーイチが警察の首をふっとばす。

ムビィ
ムビィ
あまりにもあっけなく、頭をふっとばすのでびっくりしちゃいました。

この話ではケーイチがワンの手下になった理由についても語られていますが、その理由があまりにも外道過ぎて笑っちゃいました。

 

11話で一番衝撃的だったのが、箱詰めシーンです。

シノヅカがワンによって切り刻まれてダンボールに詰められていました。

それを、見た時のカナメはショックが大きすぎて大号泣。

ふとした瞬間から、カナメは黙り込む。

その姿を見たワンは飽きてしまい、その場を後にします。

手下が「お前、死ね!」と、カナメを撃とうとした瞬間、カナメが額を撃ちます。

つ、ついにカナメ君が覚醒します!!

12話:血盟(サンセットレーベンズ)

シノヅカの死によって、覚醒し、ついに人を殺す事を決心したカナメ。

エイスにクランバトルを仕掛けます。

憤怒したワンはカナメを攻撃しようとしたところ、シュカから背中を刺されます。

ダーウィンズゲーム11話 ワン引用:ダーウィンズゲーム11話

刺された瞬間「なんだこりゃぁ」と驚くワン。

ワンとシュカが戦いますが、シュカが強すぎてワンが手も足も出ません。

ワンもシュカと同じAランカーですが、全く相手になっていないため、シュカが実際どれくらい強いのかがわかります。

今まで、相手を殺す側だったワンが一方的にやられてしまい、泣きわめく姿のギャップはもはやギャグ漫画。

ダーウィンズゲーム11話 ワン1引用:ダーウィンズゲーム11話

ワンがハイハイをやってシュカから逃げます。

 

最後にカナメが率いるクラン「サンセットレーベンズ」は1つのルールを設立します。

それは、サンセットレーベンズの縄張りでのDゲームの禁止です。

いかなる理由があろうとも、絶対遵守。

守らなければ、カナメたちが処罰を下すというルールを設立したのでした。